2008年06月30日

エッ、ドッチ〜?スーパー憎くて針混入の山本容疑者■店員?経営者?

706015 067.jpg次の記事に見られるように、山本和子容疑者について「店員」と「経営者」とする2説があって、本当はドッチ〜って思っちゃったわけ。

■「売り上げ落ち、憎くて」スーパーの魚に針 大阪・東大阪市のスーパーで29日、魚のパックに針を入れたとして、近所で鮮魚店を営む女が逮捕された。

 偽計業務妨害の現行犯で逮捕されたのは、山本和子容疑者(67)で、29日午後3時40分ごろ、東大阪市のスーパー「コノミヤ」弥刀店でサバの切り身パックに針を入れた疑いが持たれている。このスーパーでは、06年から食品に針を入れられる被害が二十数件相次いでいたため、警察が張り込み捜査をしていた。

 山本容疑者は調べに対し、「スーパーができて売り上げが落ち、憎くてやった」と話している。警察は余罪も調べている。

[080630日10時12分更新]日テレnews24


■スーパー憎い」と針混入 容疑で鮮魚店員を逮捕

 スーパーの店内で陳列された魚に針を入れたとして、大阪府警捜査1課と布施署は29日、偽計業務妨害の現行犯で、大阪府東大阪市小若江、鮮魚店従業員山本和子容疑者(67)を逮捕した。

 「約25年前にスーパーができて鮮魚店の売り上げが減り、憎かった。何度も品物に針を刺した」と供述している。

 同スーパーでは、2006年から同様の犯行が約20件相次いでいた。店内の防犯カメラに山本容疑者とよく似た女が写っていたことから、捜査1課は山本容疑者の犯行とみて調べている。

 調べでは、山本容疑者は29日午後3時35分ごろ、東大阪市友井のスーパー「コノミヤ弥刀店」2階の食料品売り場で、陳列されたサバの切り身に長さ約3センチの縫い針1本を刺し、業務を妨害した疑い。

 鮮魚店は以前、スーパーがある場所で営業していたが、約25年前に約700メートル離れた所に移転したという。

([080630日共同通信社)

気になったついでにネット調べてみると、 「店員」とする方は軒並み地方新聞であることが見えてきました。
 ちなみに、社名を挙げてみますと、共同通信社に東京新聞、静岡新聞、中国新聞、山陽新聞、四国新聞、日刊スポ(?)、西日本新聞、中日新聞といった有名どころです。
 ですから、なんといいますか、東京発の将棋倒しのウエブがバタバタと音と立てて列島各地を襲っているみたいな感じですか。

 私は非常に怖いと思いましたが、あなたは怖いと思いません?

 話が逸れてしまいましたが、[売り上げ]ダウンで「針混入」という犯行の勢いから判断すると、容疑者は断然鮮魚店経営者であって、店員だとすれば、背後関係に捜査のメスが入るケースではないでしょうか。
 仮に、売れもせず流行らぬ店でですね、25年もの間経営ではなく店員をやっているとすれば、その人はお伽話みたいな世界の住民ということなるのではないでしょうか。
 考えにくいと思います。

 といっても、結果論でしかないかもしれません。

 といいますのは、フツーの店員やフツーの主婦のやる[針混入]事件がおきたとしてもなんら不思議ではないからです。無論、このケースでは、[売り上げ」がどうのこうのとかは口にしないと思います。


 いろいろと勝手なことを書いてしまいましたが、本当にすみません。細かいミスですし、親亀こけたら小亀もこけたといって笑いすごせたらいいのですが、それにしても記事の文脈が「おかしい」と気づく人が一社に一人ぐらいは・・・。ハイ、シャブイ〜です。

posted by 9組の秋六 at 14:23| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

団塊世代の犯罪■「ワールドオーシャンファーム」の黒岩勇会長(59)□これぞエビ顔?

20080602-059-jnn-soci.jpg■エビ養殖「詐欺ではない」、会長が否定
 フィリピンでのエビの養殖事業への出資名目で、全国の4万人から650億円を集めたとされる投資会社「ワールドオーシャンファーム」。

 そんななか「ワールド」社の黒岩勇会長が初めて取材に応じ、「詐欺ではない」と疑惑を完全否定しました。

 先週金曜日の夜。東京都内のホテルに現れたほろ酔いの男性。フィリピンでのエビの養殖事業の名目で全国4万人からおよそ650億円の出資を募ったとされる投資会社「ワールドオーシャンファーム」の黒岩勇会長(59)です。

 「(Q.“エビの詐欺”のお金は?)詐欺はしてません。捜索は受けても詐欺はしてません。(Q.最初からだますつもりだった?)いや、全然だましてません」(ワールド社 黒岩 勇 会長)

 フィリピンの首都マニラから車で5時間。ここにワールド社のエビ養殖場があります。ワールド社は、養殖場が東京ドーム450個分の規模だと宣伝していましたが、実際はそのおよそ30分の1。養殖場の水は濁り、エビの姿はどこにも見えません。

 「(Q.黒岩会長に会った事は?)『上司は黒岩会長だ』と言われたが、一度も会った事はないよ」(養殖場の管理人)

 ワールド社の現地法人の社長を問い詰めると・・・。

 「ここフィリピンでも、会長どこ、わからない。お金逃げちゃった」(ワールド社現地法人社長)

 近くのエビの市場でも、ワールド社の存在を知る人はいませんでした。

 「ここにあるなら漁業関係者はみんな知っているはず。私たちが知らないという事は、その養殖場はここには無いということですよ」(市場の人は)

 事業はほとんど実態が無く、投資自体が架空だったとみられているのです。この疑惑について黒岩会長は・・・。

 「(Q.エビの投資話は本当だった?)本当ですよ。65ヘクタールという広大な所でやっている。(Q.エビは養殖場にいないですよ?)ウソ言ってるんじゃない。ウソつき。このウソつき」(黒岩 勇 会長)

 ワールド社が約束した出資者への配当は去年からストップし、警視庁は去年7月、詐欺の疑いで強制捜査に乗り出しました。

 その後の調べで、黒岩会長はアメリカの銀行口座におよそ48億円を送金したところをFBIに凍結されたほか、香港にも26億円を送金。栃木県の息子の自宅アパートの押し入れからは数億円の現金が見つかり、さらに群馬県にある先祖の墓の中にも1億円を隠していたのです。

 「(Q.お金は会員に返せるのか?)(FBIから)戻らなきゃ返せない。返す気はありますよ。本当の事はFBIに聞け。ばか言ってるんじゃない」(黒岩 勇 会長)

 黒岩会長は去年、配当が滞り始めると、偽造パスポートを使ってフィリピンやベトナムに海外逃亡。その後、日本に帰国したところで旅券法違反の疑いで逮捕・起訴されていましたが、この日、執行猶予つきの有罪判決を受け釈放されました。

 「(Q.エビでタイを釣ろうとした? エビで釣ろうとしたんですね?)釣ってない、釣ってない。ウソ言ってるんじゃないよ。マスコミはウソだらけじゃないか」(黒岩 勇 会長)

 警視庁は黒岩会長らの詐欺での立件に向け、詰めの捜査を進めています。(02日16:42)

[080603日0時51分更新]TBSnews

追報■投資会社会長ら10人逮捕“エビ養殖詐欺”

 エビ養殖事業への投資をうたい、4万人から650億円を集めた投資会社「ワールドオーシャンファーム」について、警視庁は2日、組織犯罪処罰法違反の組織的詐欺の疑いで会長ら幹部10人を逮捕した。

 逮捕されたのは、ワールドオーシャンファーム会長・黒岩勇容疑者(59)や黒岩容疑者の長男で監査役・厚宏容疑者ら10人で、直接の容疑は、フィリピンのエビ養殖事業への出資を募って去年2月以降、30人から約1億2000万円をだまし取った疑い。調べに対し、黒岩容疑者は「だますつもりはありませんでした」と容疑を否認している。また、警視庁は、ほかの幹部8人も逮捕する方針。

 警察は、今回の事件は幹部らが最初からだますつもりで会社を設立した組織ぐるみの犯罪とみている。そのため、詐欺容疑だけではなく、より刑罰の重い組織犯罪処罰法違反の組織的詐欺を適用した。

 今後は出資者から集めた650億円の行方が一つの焦点となるが、黒岩容疑者は出資者への配当がストップした去年1月の直後、49億円の資金をアメリカに不正送金したことがわかっている。

 警視庁は、巨額マネーロンダリングの疑いもあるとみて捜査を進める方針。

[080702日21時11分更新]日テレnews24

posted by 9組の秋六 at 02:29| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。