2008年05月19日

建設作業員のリンチ殺人の根絶を!!

このニュースの詳細を知りたいと思っているが、それにしても建設作業員の虐殺に対して、ゼネコンや労組関係者は防犯対策を講じる必要があるのではないか。
「労災隠しは、犯罪」とまで、言っている。
スポーツ新聞の求人欄も、チェック体制の強化が必要だろう。

こういう事件を起こした会社の求人募集を載せた情報誌の連帯責任なんか考える必要があるのではないか。

■元従業員死亡で経営者ら逮捕
建設関連業者の従業員だった男性に集団で暴行を加え、死亡させたとしてこの会社の経営者と従業員らあわせて5人が逮捕されました。

逮捕されたのは、北九州市八幡西区の建設関連業の経営者・村上英司容疑者と従業員らあわせて5人です。

警察によりますと、村上容疑者らは、きのう午後6時半頃、最近まで従業員だった吉田博行さんを、作業員の休憩所に使われていたプレハブ小屋に呼び出し、およそ3時間にわたって殴る蹴るの暴行を加え、死亡させた疑いです。

吉田さんの死因は、出血性ショックと見られています。

調べに対して、5人は、「最初は生活態度を注意するつもりだったがエスカレートして殴った」などといずれも容疑を認めているということです。

警察は、吉田さんに対する日ごろの不満が犯行につながった疑いがあるとみて調べています。

[080518日19時4分更新]RKB
posted by 9組の秋六 at 05:19| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

ザ・幸福論4■糖依存患者の歩ける幸福♪

 日雇い派遣会社の事務所に顔を出す中年の男はいつも白いマスクを口にかけたまま、テーブルのある折りたたみ式の椅子に腰掛けていた。
 喫煙者であるらしく、タバコを吸う時は、マスクを下にずらしている。

 唇が変形しているのだ。
 火傷を負ったみたいに、唇がないのである。

ある日、「コーヒーでも飲まないか」と声をかけたところ、「糖尿病だから」といって、やんわりと断られた。

糖尿病と唇の変形が関連があるのかどうかは、あくまでもわからないことである。
ずっと以前、唇の変形した人から毎日のように牛乳瓶に砂糖を三分の一を入れて飲み続けていたら、発症したと突然打ち明けられたことがある。
これの単純類推によるものだから、一見は火傷みたいだけど、病的な糖依存の食生活を送ったためとみている(臆断)。

 一般的には、唇の端が切れる。
 胃酸過多やビタミンD欠乏が原因とされ、蜂蜜をなめると治ると言い伝えられている。

(唇の変形の持つ象徴的な解釈をあえて行うならば、性的アピールの後退であろう。旺盛な食欲が性欲には逆転するような生理学的な現象?)


一般的な症状は、舌に生えるコケであろうか。
糖尿病とこのコケに関係する記述が見当たらない。
本気になって探せば、見つかるかもしれないが、この(摂取過多の)コケが唇の変形に関係しているとみている。

糖尿病患者の建設現場での仕事ぶりは、マイペースである。
このマイペースな仕事ぶりを嫌って急がせたりすると、彼は筋肉痛に苦しめられることになる。
なぜなら、糖の供給が間に合わず、筋肉が悲鳴を上げているからだ。
いわば金融恐慌に似たパニック現象を引き起こしているのが、筋肉痛だ。

私は今この筋肉痛から解放されて、普通に歩ける喜びを味わっている。
これには粗塩の摂取が関係しているが、この点は前に書いた。


糖依存とは、根源的な「幸福」を獲得するより直接的な手段である。
この幸福を破るものが、ほかならぬ糖尿病の発症なのだ。


治療の道を歩くとは、いわば自立の道を歩くことではないのか。

ずるずると根源的な「ミルク」の味に溺れていたのでは、治療の道から遠ざかるのみ。


(書きかけ)
posted by 9組の秋六 at 04:41| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

パソコン不調■体調も・・・



パソコンは突然のプッツンが直っていません。
原因は、ホームビルダーの過メモリにあるのではないかと見ています。
削除で凌ぐしかないのかなと。

連休明けの仕事で、体調が気になっていたのですが、勤務中に足がつり出して・・・。
帰りの車の中でも足がつって、運転ができない状態。
途中休みを取って、氷を買い、足や首やわき腹を冷やしてみましたが、即効性はなく、仕方ないので、我慢して、ようようの思いで事務所に戻ったのですが、その後が大変。
歩き出すと、足がつるので、歩けない状態。
何度か、氷で冷やしてみましたが、ダメ。

仕事の合間に、スポーツドリンクを500cc入りのを2本飲んでいましたから、まさかの出来事。
ほかに、梅干2個、塩入のお茶など、万全の態勢で臨んだつもりだったのですが、それでも塩分不足かという感じですね。

持病の関係もあるのでしょうが、熱中症対策は難しい!!


連日のブログ発信をやりたいのだけど、体調不安を抱えていて、いま少し波に乗れないでいます。
posted by 9組の秋六 at 05:08| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

ザ・幸福論3■死体損壊と「幸福の想念」■お台場のバラバラ殺人事件の野崎浩容疑者(48)の場合

TS3A1346.JPG人はなぜ「幸福」を希求するのだろうか?

この疑問に対して、私たちはあまりに怠惰に過ぎたのではないだろうか。
というのは、個々の「幸福の追求」は、自明の理として処理されてきたからだ。

リンゴの落下がなんでもない・ごくごく自然な光景と見過ごしてきたように、幸福を夢見ることをごく当たり前の営為として見過ごしてきたのではないだろうか。

そこには隠された「法則」があり、仮定的な考えを書けば、それは意識下に「幸福の想念」という生の願望に染まったマグマがあり、良心の強い抑圧(無意識)から解放されたとき、ほとばしり出るものがほかならぬ「幸福」の観念と考えている。

(意識というものには三種があり、良心的な無意識と自覚的な意識と潜在的な意識の三種である)

 フロイトの研究は、書くまでもなく、多岐にわたるが、「良心=無意識」を対象とした研究は当時は随一といえるもので、「夢」の研究における潜在的な意識の研究は立ち遅れていたのではないか、と私は見ている。
 というのは、フロイトは一方で「快楽原則」を仮定したからで、この仮定自体に「願望」を口にしても、それは「夢」に限定の仮説で、それ以上のものではないことを告げたも同然ではないかと。
 いくら神経症患者の臨床的研究を行い、精神分析を行っても、意識化にあるマグマの存在の気づかなかった分析医ではなかったか、と。

といっても、フロイトの偉大さを否定するものではない。
この偉大さを説明するには、それまでの神経症などの治療は、中世的な占星術やいわゆる魔術が行っていたことを知るだけで十分であろう。
 わが国では、森田正馬が誕生する以前は、お祓いなどの民間信仰が代行していたのだから。

 フロイトは死ぬまで意識下の「幸福の想念」の存在に気付かなかった分析医だが、ニーチェはそれを「デイオニュソス」と名づけ、晩年はそれに溺れて正体を失ったと推測。
 わが国では、詩人の高橋睦郎が「詩情」と呼んでいるものだ。

 犯罪に「幸福の想念」が絡んできたものが、いわゆる快楽殺人事件ではないかというのが持論である。
 今回は、分析は後回しにして、記事のみ。




■殺人で野崎容疑者再逮捕=「無視された」、首絞める−比女性遺体で警視庁

 東京都港区台場のマンションで、フィリピン国籍の飲食店従業員カミオオサワ・ハニーフィット・ラティリアさん(22)の切断遺体が見つかった事件で、警視庁東京湾岸署捜査本部は28日、殺人容疑で、同居の無職野崎浩容疑者(48)を再逮捕した。
 同容疑者は容疑を認め、動機について「一言で言えないが、私を無視したことが一つだ」と供述。切断については、発覚を防ぐ目的のほか、「(ラティリアさんを)独占したい気持ちがあった」と話しているという。
 調べによると、野崎容疑者は3日午後3時50分から5時20分ごろの間、自室で、両手でラティリアさんの首を絞めて窒息死させた疑い。
 ラティリアさんが外出しようとした際、声を掛けたが、無視されたといい、「いろいろ尽くしてきたのに無視され、カッとなった」と説明している。
 ラティリアさんが出勤しないため、同居の同僚女性が帰宅したところ、同容疑者が遺体の一部を抱えているのを目撃。室内から腰部などが発見された。
 同区浜松町のコインロッカーから臀部(でんぶ)や胸などが見つかり、マンション近くの運河から頭部などが発見された。
 栃木県那須町にある宿泊施設敷地内の生活排水処理槽から、大腿(だいたい)部の皮膚や肝臓、肺の一部などが見つかった。
 東京地検は28日、死体損壊、同遺棄の罪で、野崎容疑者を起訴した。起訴事実を認めたという。

2008/04/28-22:28時事ドットコム
posted by 9組の秋六 at 17:06| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコンが不調■体調も・・・

パソコンが不調■体調も・・・

パソコンの不調は、たとえば、オンにしてネットにつながるまでに15分以上かかることと、動作中に突然ぷっつんすること。
 この二点のほかに、全体的に重いといった症状で悩んでおりました。

 特に、動作中に突然ぷっつんすると、再起動に、また15分以上かかりますので、もう作業はヤメ〜てな感じになります。

(誰もお前の記事など読みたいと思ってはいないという声も手伝って、ですね)

 やる気が喪失するほどのパソコン不調の原因は、わかっていたのです。
 それで5月の連休中に1GBのランボード(6年間の保証?付き)をあいているメモリスロットルに差し込みますと、環境は俄然よくなって、それまでのトラブルは、うそみたいに解消。
 光速の、といった反応ぶりで、好感触!!
 いいいいい〜〜っ。
 注文するとすぐに出る牛丼でないと、リズム感が狂ってしまうんよ。

 こうしてパソコンは直ったのですが、体調のほうが・・・。
 歯痛が主たる原因で、集中できない状態。
 これもキシリトールガムをかむと、痛みが和らぎますので、何とか持ちこたえています。

 たかが歯痛、されど歯痛なんですけど。
 これは、自分の場合は、深刻な問題です。
 連休中は、お医者さんも人並みにお休み。
 これを忘れて、不摂生でもやると、明けるまで痛みに耐えながら過ごさねばなりません。
 でも、唾液力とでも言いますか、耐え切れないほどの歯痛が紆余曲折を経て鎮まってくるから我ながらすごいと思っちゃっています。

 書くまでもなく、歯はボロボロ。これまでに5本の歯をなくしています。
 ブログで発信を続けるには、歯が大事ということがわかりましたので、連休明けにも歯はすべて治療するつもり。

 ほかに、魚の目。
 皮膚はもともと万能細胞の芽を持っていますね。皮膚が変形して、爪に化けてという感じの魚の目なんです。
 再生医療ってことでいえば、下がった歯茎を再生医療で取り戻したい。

 さらに、夜な夜なのこむら返り。
 100円グッズの冷却スプレー吹っかけると、痙攣はすぐにでも治まるのですが、起きて歩き出すと、思うように歩けなくなって、これも一種深刻な問題。


 まあ、そんなこんなで、現役から遠ざかっていましてので、さび付いたっていう感じがしています。

 できれば、こちらのほうも部品交換でもねがいたいでちゅ!!
posted by 9組の秋六 at 09:18| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。